メニュー

緑内障の治療

緑内障とは、視の神経が一般よりも早く死んで いくことでおこる病気です。病気が進行すると視野が狭くなっていきますが、自覚症状が現れにくい病気でもあり、気づいた時には、もうかなり進行しているということもあります。治る病気ではなく、早期に診断を受けて、進行を遅らせる治療を受けることが大切です。

当院では、緑内障の診断と進行具合を把握するために必要な視野検査計が2種類あります。静的視野検査計と動的視野検査計の両方があるため、より詳細な検査が可能です。また、OCT(Optical Coherence Tomography)と呼ばれる眼の断層画像を撮影する機械により、視神経乳頭のくぼみと、網膜の神経の厚みが分かるので、より早期に緑内障かどうかも分かります。

治療について

緑内障の治療は、眼圧を下げることが基本です。ほとんどの場合は、点眼薬をコツコツと続けることが大切です。眼圧のコントロールが点眼だけで難しい場合は、レーザー治療や外科的な治療となりますが、当院では実施していないので、必要な場合は適切な施設を紹介させていただきます。

一度失った視野を取り戻すことができない病気ですので、40歳を超えたら、定期的に眼圧検査・眼底検査など、定期的にチェックすることをお勧めします。また、血のつながった方に緑内障の患者さんがいる場合も、眼科受診をおすすめします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME